高濃度ビタミンC療法

美白からアンチエイジング、免疫機能回復、がん治療まで、効果を発揮

当クリニックでは、自由診療にて、高濃度ビタミンC療法を行っています。ぜひ一度お試しください。
高濃度ビタミンC療法は、次のような症状に効果が期待できます。症状、治療内容によって、ビタミンCの1回の投与量、回数は変わります。
当クリニックで使用している高濃度ビタミンCは、酸化防止剤を不使用です。米国メリット社製より、正規代理店を通して輸入しているため、品質に関してもご安心いただけます。

  • 美白
  • アンチエイジング(皮膚老化予防)
  • 疲労回復
  • 免疫機能回復
  • 消耗性疾患の病後回復
  • がん抑制効果
  • 抗がん剤・がん放射線治療の効果増強
  • 担癌患者の免疫能改善

高濃度ビタミンC療法によるがんのストレスケアについて

ビタミンCを食物から摂取しても、一定以上、血中濃度が上昇することはありません。また、通常濃度のビタミンCは、抗酸化作用(体内に発生した活性酸素を除去する)により、皮膚の老化や免疫能の低下などを防ぐことでも知られています。それ故、ビタミンCは、アンチエイジングや風邪をひいた時に有効であるとされます。

しかし、ビタミンCが血液中で高濃度(血中濃度で400mg/dl以上)になると、酸化作用(過酸化水素の発生)を示します。発生した過酸化水素は、正常細胞の場合は、酵素で分解されるため無毒となります。しかし、がん細胞は酵素が少ないため、過酸化水素が直接作用することにより、細胞は死に至ります。
つまり、抗酸化物質であるビタミンCは、強い酸化作用を誘導、がん細胞を死滅させますが、正常細胞にはダメージも与えることはないのです。

その後数時間すると、ビタミンCの血中濃度は低下、抗酸化作用を示す濃度に戻ることで、余分に発生した活性酸素を除去し、免疫機能を上昇させるのです。
そのため、低下している免疫機能や他のがん治療により弱った抵抗力を回復させる効果も期待されます。

そのため、最近は、抗がん剤治療や放射線治療と高濃度ビタミンC療法を併用される患者さんも増えています。

詳しい患者さんのデータはこちらをご確認ください。

高濃度ビタミンC療法 費用

ビタミンC15 美白・疲労・ 免疫能回復 おおよそ週1回の投与 10,000円
ビタミンC25g 皮膚老化予防・消耗性疾患病後の回復 おおよそ週1回の投与 15,000円
ビタミンC50g がん抑制効果・抗がん剤・放射線治療の効果増強 可能であれば週2回以上の投与 25,000円
ビタミンC75g 効果増強・担がん患者の免疫能改善 可能であれば週2回以上の投与 30,000円
ビタミンC100g   可能であれば週2回以上の投与 35,000円

*料金はすべて<税別>です。
*25g以上の投与を希望の方は事前にG6PD酵素(グルコース-6-リン酸脱水素酵素欠損症)の活性を検査します(別途¥6,000+消費税)。

みなと芝クリニック オフィシャルサイト 簡単web予約 クリニックブログ