サプリメントによるビタミン療法

摂ったら摂っただけ効果があるサプリメントを飲んで、いつまでも若く美しく

「肌につやがなくなった」
「シミ・ソバカスが増えてきた」
「今まで日焼けの手入れをしてこなかった」
「美白という言葉が気になる」
「皮膚にハリがなくなってきたように感じる」

こんなとき、あなたならどうしますか?

「病院に行くほどではない」と、
手軽に入手できるサプリメントを服用されているのではないでしょうか?

でも、ちょっと待って!!

そのサプリメントは、本当に効果がありますか?
また、不純物の多いサプリメントを大量に摂取すると、副作用が現れることもあるのです。

当院で処方するサプリメントは、アメリカFDA(食品医薬品局)で承認された不純物が少ない高濃度の栄養素が含まれています。

処方の際には、院長のカウンセリングと40項目にわたる血液検査や尿検査を実施し、お一人おひとりに本当に必要な栄養素と摂取量を判定しています。また、摂取効果を評価するために3カ月ごとに検査を実施、効果を測定しています。

だから、「効いているような気がする」ではなく、本当に「効いている」ことを実感できるのです。


いつまでも若く美しく、そしてイキイキと毎日を過ごすために、オーダーメイドのサプリメントによるビタミン療法をはじめてみませんか?

サプリメントによるビタミン療法 費用

基本検査料
* 料金はすべて<税込>です。

血液40項目と尿一般・沈渣 10,000円
初回診察料カウンセリング(30分) 初回診察料カウンセリング(30分)

サプリメントQ&A

Q

どうしてサプリメントを処方するのに、血液検査が必要なのですか?

A

当クリニックのサプリメントによるビタミン療法は、「あらゆる病気は生体内の恒常性が何らかの要因で崩れるために発生するもの」と捉える「分子栄養療法」に基づいているためです。老化現象がその良い例と言えるでしょう。

たとえば、老化は、心、肺、肝、腎などの内臓器や脳を始めとして神経、筋、骨、皮膚の機能を低下させ、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病や癌、痴呆症を引き起こします。

炭水化物、脂肪、タンパク質、ビタミン、ミネラルといった栄養素の一つでも欠落すれば、全体の栄養バランスが崩れ恒常性が保たれなくなるのです。

まず、血液検査で足りない栄養素を補うためには、サプリメントを体に取り込む必要があるのですが、お一人おひとりによって、当然必要な栄養素も量も異なります。

それを計測するためには、まずは足りない栄養素を血液検査で網羅する必要があるのです。

Q

どんな人にこのサプリメントは効果があるのでしょう?

A

貧血症、つまり鉄が欠乏している人には、高い効果が望めます。

実は、血液検査などで「貧血はありません」といわれていても、鉄が十分足りているとは限らないのです。出血や過剰なダイエットなどが原因で、赤血球が失われると、それを再生するために必要なヘモグロビンに体内に蓄えられている鉄(貯蔵鉄)が動員されます。

それを補給しないと、貯蔵鉄がどんどん減少し、いわゆる潜在的鉄欠乏症に陥ります。赤血球は作られているので、その段階では貧血はみられませんが、いよいよ貯蔵鉄が枯渇してくれば貧血に至ります。
鉄は、白血球の機能、骨や粘膜の形成、コラーゲンの合成に関与する働きがありますので、不足すると、免疫機能が低下して風邪をひきやすくなったり、胃腸障害、皮膚炎、骨粗しょう症の原因となったりします。

さらに最近、鉄は、子宮粘膜機能に関与し、欠乏すると不妊の原因になること、また、神経伝達物質であるセロトニンの原料となり、うつ病やそれに伴う頭痛、肩こりの原因になることもわかっています。

血液中の貯蔵鉄の量を測り、不足分をヘム鉄(有機鉄)で補うことができれば、これらの症状の改善も期待されます。しかし現状では、ヘム鉄は栄養素(サプリメント)として摂取する以外方法がありません。

Q

効果が出るまでにどのくらいかかりますか?

A

サプリメントの製造会社によれば、効果が現れるまでには約3カ月といわれています。「それはなぜか?」というと、鉄分のサプリメントを摂取してから、赤血球が増えてくるまでの期間が3カ月だからです。赤血球が増えると、症状が改善されるという観点からみて、サプリメントを摂取してから3カ月後に、再度血液検査を実施、数値が改善しているかどうかを確認し、同じサプリメントを続けるか、他のものにするかを相談させていただいています。

実際に、多くの方は、自覚症状と検査結果にタイムラグがあるように感じています。

みなと芝クリニック オフィシャルサイト 簡単web予約 クリニックブログ