クリニックブログ

2017.01.09更新

皆様、明けましておめでとうございます。今年は酉年ですが、新年早々、鳥にふんをかけれてしましまいました。内のスタッフさんにその事を話しましたら、5人のスタッフ中、3人がなんと酉年だったのです。今年はツキがあるのかなと思いつつ、町内会の新年会に昨年入職したスタッフ2名といそいそと出かけて行きました。富くじの抽選会があり、スタッフ2名はそれぞれお食事券と商品券を当てたのです。やー連れてきてよかったなと思い、私は今年も残念賞かと諦めていたところ、最後にディズニーの招待券が当たってしまったのです。もう、ウソのような、足が震えてしまい、興奮してしまいました。3人とも当選したこともすごいと思いました。やっぱり、ツイているんだなと思いましたが、もしかしてツキを使い果たしてしまったのではなかろうか、これから11カ月どう過ごしていけばいいのだろうという不安が出てきました。スタッフからお祝いの言葉とともに、むしろ気を引き締めて行きましょうと言われ、そうだなと感慨を深めた次第です。今年もミスの無い一年にして行こうと思います。よろしくお願い致します。

投稿者: みなと芝クリニック

2016.12.17更新

先般、アルツハイマー病の予防にビールに含まれるホップの苦みの成分が有効であることが明らかにされました。アルツハイマー病は加齢とともに脳内にアミロイドβというタンパクが蓄積することによって発症すると考えられています。ホップの苦みの元であるイソα酸はこのアミロイドβを除去する作用があることが動物実験で明らかにされました。では、ビールをしこたま飲めばいいかというと、アルコールの摂り過ぎはやはり脳にも内臓にも良くないことは周知の事実です。実はノンアルコールビールにもホップが使われていますので、健康の面からはこちらの方をお勧めします。私も7年前からノンアルコールビール派です。

投稿者: みなと芝クリニック

2016.12.13更新

記事を掲載していきます。

投稿者: みなと芝クリニック

2016.11.11更新

11月に入って急に寒くなりましたね。西の方からインフルエンザの声もちらほら聞こえてきてますので、皆さんも体調管理に気を付けてくださいね。寒くなってくると年のせいか、昔のことを思い出してしょうがありません。50代の方、そんなことはありませんか?私は良く思い出すのは米国留学時代のことです。渡米した最初の年のThanks Giving Dayの休暇にサンタフェに行きました。初めてのロングドライブで、とても印象に残っています。荒涼とした大平原をみて、アメリカを肌で感じました。妻以外誰一人いない平原。風の音だけの静寂な世界。いろいろ海外旅行には行っていますが、後にも先にもこのような風景は見たことがありません。ジョージアオキーフの世界です。渡米したばかりの意欲に満ちていたあの時が私の原点のような気がします。またあの場に立ち、原点に戻ってみたい気がする今日この頃です。

投稿者: みなと芝クリニック

2016.10.18更新

最近、ぶどうの種類が沢山あって、どれを食べようかいつも迷ってしまいます。巨峰は昔からあって有名でおいしいのですが、スーパーなどではピオーネ、ナガノパープルという紫色の濃いもの、クイーンニーナという赤っぽいもの、シャインマスカットのようにグリーンのものが目につきます。どれも大粒で甘くてジューシーですが、この間、「翠峰」という漢字の名前の付いたぶどうを見付けました。峰という字があるので巨峰の親戚かなと思いきや、色がグリーンの薄い感じなので違うかなとも思います。ところが調べてみると、ピオーネとセンテニアル(ヨーロッパブドウで巨峰の親)品種を掛け合わせたものらしいです。どうして紫とグリーンでグリーンになるのか不思議ですが、ピオーネ自体は巨峰とマスカットを掛け合わせたものですから、紫とグリーンから紫ができてくるのも不思議ですね。ピオーネはとっても甘くておいしいですよね。結構、食べ始めたら止まらないのですが、翠峰もとおてもおいしいです。マスカットのような青臭さが無く、グリーン系ぶどうのイメージが変わります。ぶどうの季節もあとわずか、みなさんもぜひ味わってみてください。

投稿者: みなと芝クリニック

2016.09.28更新

今日のことですが、近くの公園を歩いていたところ、何とも言えないフルーティな香りに気が付きました。9月下旬から咲く金木犀の花でした。かなりインパクトのある香りなので、気が付かない人はいないと思います。私は結構この香りが好きなのですが、好き嫌いがはっきりしているそうで、ヨーロッパの人々はあまり好まれないのだそうです。香水にすると単調できついのかもしれません。しかし、いつまでも人々の印象に残る素敵な香りですよね。桜は香りはさほどありませんが、花が絢爛なので人々の関心を強く寄せます。一方、金木犀は花が小さいので、いつ咲いたかわかりません。匂いで花が咲いたことがわかります。そういうところが花言葉の"謙虚"の由来だそうです。私のクリニックも金木犀のように目立たないですが、私が放つ芳香?が漂い知られていくようになればいいなと思います。派手ではありませんが、謙虚にこれからも金木犀のように佇んで行きたいものです。

投稿者: みなと芝クリニック

2016.08.27更新

8月24日に近くの山道を散歩していたところ、道を横切る1匹のヘビを見かけました。体長は40㎝ほどで頭の形状や色からアオダイショウと思われたました。その後、時間を置いて次々と計3匹のヘビを見ました。1日に4匹のヘビを見るなんて、滅多に無いことだと思い、調べると四蛇とうい言葉が中国にありました。天地水明を表すのだそうです。元々、ヘビは金運の神様なので、4匹のヘビは何となく縁起がいいのかなという気がしています。宝くじでも買ってみて検証しようと思います。発表は当選したらお知らせします。

投稿者: みなと芝クリニック

2016.08.09更新

自分の中ではリオのオリンピックはなんとなく盛り上がった雰囲気が無い感じがしてましたが、日本人選手が活躍している報道を見ますと、自然と熱が入ってきました。参加選手は皆、金メダルを目指して頑張ってきているので、獲得した時は本当にうれしく思います。金メダルを惜しくも逃した選手も、ほんのちょっとしたことで負けていますので、実力は伯仲しているのでしょう。誰が金メダルを取ってもおかしくない感じです。でも、金メダルを取った選手には他を寄せ付けない圧倒的な強さを感じます。ですから、多少のミスや不具合が在っても勝てるのでしょう。落ち着いた自信というのでしょうか、非常に安定しているので見ていて冷や冷やしないのです。天性もあるのでしょうが、しかしそこには弛まない想像を絶する練習があったから成し得たに相違ありません。スポーツとは違いますが、自分も仕事で圧倒的な強さを誇りたいです。医者で圧倒的な強さとは何だかよくわかりませんが、そういう雰囲気を持ちたい。オリンピックを見るたびに、そういう気持ちにかられます。努力あるのみ。

投稿者: みなと芝クリニック

2016.08.01更新

昨日、偶然にも「なんでも鑑定団」の再放送を見ていたら、筑波大学の2級上の先輩先生が出演していて驚きました。出品していたのはアメリカ製のオルゴール付き茶ダンスでとてもすてきな家具でした。実はこの家具、以前から奥様が欲しがっていたもので、奥様が将来喫茶店を始めた時にお店に飾りたいと話していたものです。とてもレアで世界に8台しかない型で、高価なものだったそうです。しかし、4年前に奥様が卵巣がんを患い他界し、その望みは潰えてしまいました。そんなある時、たまたまオークションに全く同じの茶ダンスが出品されているのを発見し、170万円で落札したそうです。しかし、相場よりあまりに安かったため、心配になり鑑定に出したということでした。査定は想像を遥かに超えた400万円でした。日本に2台しかない非常に価値の高いものでしたが、幸運にも安く落札できたようです。奥様が生きていたらさぞ、喜ばれたことと思います。先生は一生大事にしますとおっしゃっていました。きっと奥様の形見としてクリニックに飾っておられるのでしょうね。とても胸が熱くなりました。

投稿者: みなと芝クリニック

2016.07.25更新

元々、耐糖能に難のあった体質でしたが、油断していたところHbA1cが上昇してきました。以前もそういう時はダイエットしていましたが、集中力低下などがあり、長続きしませんでした。要は余分な脂肪を燃焼させることで、そのためには糖質を制限すればいいのですが、そうすると却って空腹感が強くなり、反動でドカ食いしてしまい、失敗してしまいます。今回は低糖質ダイエットを参考にして、最初の1か月は極力糖質を摂らないで、脂肪を燃焼するモードに持っていきました。糖質を体から抜くような感じです。主食はタンパク質、脂質でカロリーはあまり気にせず食べます。鶏肉のソテーと豚肉の生姜焼きを一度に食べたり、ゆで卵を毎食1-2個必ず食べたり、もちろん野菜もしっかり食べるようにしました。1食にそれだけ食べると空腹感は全く感じません。米や麺、パンを食べないだけで、1か月で5kg痩せました。便通は少し悪くなりますが、下痢はしない、食後に眠くならない、胃もたれがない、血圧が20ぐらい下がるなどの変化が表れてきました。それから徐々に糖質を1日90gまで増やして行きます。運動は走ったりとかは特別せず、歩くことを積極的に行うだけです。ウェストは8㎝縮みました。とても快適です。糖質を極端に制限するのは最初だけなので、体への負担はありません。体調も良くなり、仕事も集中できるようになったので、みなさんにも是非お勧めです。

投稿者: みなと芝クリニック

前へ 前へ
みなと芝クリニック オフィシャルサイト 簡単web予約 クリニックブログ