クリニックブログ

2017.08.21更新

昨日の朝、当直の帰りに銭湯に寄りました。前日の雨のため長傘を持っていたのですが、銭湯内に傘置き場が見当たらなかったので、中に持ち込んだところ、「お客さん、傘は下駄箱に入れてください」と叱られました。既にすっぽんぽんになっていたので、慌てふためいて、番頭のおばさんの言っている意味もわからず(下駄箱に入れるって、そんなもの入るか?)、おどおどしていたところ、「じゃ、預かっておく」と言われて、しぶしぶ風呂に入ったのです。そそくさと風呂から上がり(落ち着いて入ってられない)、おばさんに先ほどはすみませんでしたと言って、傘を訪ねたところ、「そこにあるよ」と出口の方を指して言うのです。ドアの内側を探していたら、「そこじゃなくて、ドアの外、みればわかる」と見てみたら、なんと、下駄箱に傘が刺さっていたのです。へえーと中を覗いたら、なんと穴が開いていてそこに傘が収納されていました。何でも、昔の銭湯は皆そうだったらしいのです。知らなかったー。とんだ恥をかいてしまいましたが、為になった一日でした。皆様も雨の日に銭湯を使うときには注意してくださいね。

投稿者: みなと芝クリニック

2017.08.01更新

サプリメントの成分で抗がん作用を有するものは数少ないように思われます。カレーに使用されるターメリックである「ウコン」は以前より抗がん作用がありましたが、臨床試験をするとあまり有意な効果が見られない点が問題でした。先日、京都大の研究グループが「ウコン」中の抗がん成分であるクルクミンの血中濃度を高める方法を開発しました。従来の1000倍ぐらいの血中濃度に上げることで、抗がん作用がアップしたそうです。将来の抗がん剤として活用できそうです。一方、サプリメントレベルではクルクミンに黒こしょうを加えると、腸管での吸収が20倍ほど高まることが解っております。腸粘膜に発生する早期の大腸がんではこの程度のクルクミンのレベルでも予防効果がありそうですね。以前、本ブログで紹介させていただいたリヴァマリアというサプリメントには実はクルクミンと黒こしょうが含まれているのです。リヴァマリアは肝臓の炎症と線維化を抑えるマリアアザミと、がんを抑えるクルクミンの効果により、肝臓がんや大腸がんを予防するサプリメントとして期待されます。

投稿者: みなと芝クリニック

みなと芝クリニック オフィシャルサイト 簡単web予約 クリニックブログ