クリニックブログ

2015.08.28更新

ピクルスを初めて食べたのはハンバーガーの付け合せで、とても酸っぱいミニきゅうりだったのを覚えています。それ以来、ピクルスといえばミニきゅうりのイメージしかありませんでした。アメリカ、といってもテキサスですが、留学した時にスーパーで驚いたのはいろいろな種類のピクルスがあったことでした。カリフラワーやヤングコーン、キャロット、チリなどです。今ではそれらは日本でも見かけますが、ほとんど見かけないのがオクラでした。オクラの酢漬けなんておいしいのかなと思い食べたところ、意外にもしゃきしゃきした食感でおいしかったのです。それからは病みつきになり食べていましたが、日本に帰ってきてからいくら探してもないのです。ずっと、あきらめていたのですが、最近はピクルスの素が簡単に手に入るようになり、早速作ってみたところ(作ったのは家内ですが)、激ウマなのです。なんでこんなことに早く気が付かなかったのかと後悔しましたが、大変おいしいので皆さんも試してみられたらいかがでしょうか。オクラにはβカロチン(ビタミンA)が豊富ですので、白血球の少ない方にお勧めです。

投稿者: みなと芝クリニック

2015.08.17更新

先週一杯お休みをいただきまして、お陰様でリセットできました。今週から心機一転頑張りますので宜しくお願いします。さて、ここのところ、円安が恒常化してきて物価高となっております。しかし、景気はと申しますとあまり良くなっていないのが現状ですね。お金の価値は下がってくると、物価は徐々に上がってくるのでしょうが、それほど急激な変化はありません。物価の上昇に伴いサービスの金額も徐々に上がってきますが、これもタイムラグがあります。例えば数年前、1ドルが70円台でしたが、現在は120円ぐらいで1.71倍ドル高になっております。では物価が1.7倍になったかといいますと、なってはいません。サービス料も別に1.7倍になってはいません。その国の100円や1ドルの価値はそんなに急激には変わらないでしょう。ということは、1ドルが70円の時と120円の時ではサービスの内容は変わっていないので、実質、質が相対的に良くなっていることだと思います。物の品質も変わりがなければ相対的に質が良くなっていることになります。ですから、外国にとっては日本製の物やサービスが安くなったと思われがちですが、むしろ質のよい日本の物が更に高い質を得たと思って欲しいですね。逆に、外国の方は自国のものの質やサービスの価値が日本から見ると上がったのではなく、下がったとみなすべきでしょうね。私の言っていることは変かも知れませんが、外国を旅していて数年前と同じものが日本円で高くなっているのをみると、そういう風に感じたのでした。

投稿者: みなと芝クリニック

2015.08.07更新

北野たけしさんのインタヴュー記事を最近読みました。「ビートたけし」の芸名でお笑いをしていたイメージが強烈にあるのですが、現在は映画監督もし、画家でもありと多才な活動をしているのは周知のことです。彼はいろいろな分野に手を出して、どれひとつとっても深く極めたものはないけれども、ひきだしの数が多い奴がいても悪くはないんじゃないかという気持ちでやっているようなことを言ってました。どれをとっても我々凡人にとっては極めていると思うのですが、ひきだしの数が自然に増えるのがその人の能力にほかなりません。こういった能力は日頃の精進で形成されるのではないでしょうか。浅く広くではなくて、深く広くも追及する姿勢は大事かなと感じました。自分も診療のひきだしの数を増やすことが自身の臨床センスを磨き、能力を高めていくことに繋がると信じて励んでいます。

投稿者: みなと芝クリニック

みなと芝クリニック オフィシャルサイト 簡単web予約 クリニックブログ